定年退職への道

定年後のバラ色?の人生を目指して

無駄な時間など1秒たりともないのだ・・・は名言だったのだ

こんにちはSUMIREです。

養老孟司さんの「遺言。」という本を買いましたら、2章に「意味のないものにはどういう意味があるのか」とありまして、読んでみるとなんとなくわかったような気がしました。

 

「無駄な時間など1秒たりともないのだ!」と、25年前に私は部下に言いました。

部下くん「あー無駄な時間を過ごしてしまった、SUMIREさん すみませんでした」

SUMI「部下くん、人生に無駄な時間など1秒たりともないのだよ!」とね。

部下くん「名言ですっ!」

 

f:id:sumirentyo11:20180415132406j:plain

 

養老先生が「遺言。」を書かれたのはつい最近のことですから、少なくても20年前に私は養老先生的な考えを持っていたということになりますね。自慢です。